PMSの薬について知りましょう!

PMSの薬について知りましょう!

薬で治せるから大丈夫?本当の苦しみを分かってほしい!


f4b72ca9a3fa18877d7e78180f569bae_s

PMSというものをご存知でしょうか?女性なら一度は耳にしたことのある言葉でしょう。一般的には月経前症候群と呼ばれるもので、PMSと略されています。

どんな症状が出るのかというと、生理2週間前くらいから理由もなくイライラしたり、憂鬱な気分が続いたり、下腹部が痛くなるという症状が起こります。酷い場合は頭痛やめまい、ふらつきなども起きます。

日本でPMSに悩んでいる女性は1000万人いると言われていますが、本当の苦しみは本人にしか分かりません。

いくら言葉で説明しても100人いれば100通りの苦しみや痛さがありますし、その感じ方も全く違うものとなりますから。

しかし最近では薬でPMSを改善することが出来ると言われてきていますので、心の余裕を持つことが出来るようになってきました。

精神的にももろくなってしまう

しかしPMSになってしまうと、精神的にももろくなります。身体的な症状として痛みや吐き気などがあるように、精神的なダメージもPMSで受けてしまうのです。

それは具体的に言ってみると、眠れない、理由もなく泣きたい気分になる、興奮状態が続く、集中力の低下や弱気になる、などがあります。孤独感を強く持ってしまい、自殺企画をするほどのPMS症状を持っている人もいます。

ですからPMSといっても個人差が大変大きく、酷いケースとマシなケースに分けることが出来ます。女性の誰もがPMSになるとは言いませんが、PMSであっても軽症であれば自分がPMSになっていると感じない人もいます。

そのような人は社会的にも通常通りの仕事をすることが可能です。

薬の前に食べ物で改善出来る?

出来れば自然にPMSを改善したい、薬に頼りたくない・・・という女性も多いようです。そんな場合は食べ物を改善していきましょう。

食は健康に繋がる重要なものですから、体に良いものを食べてPMS(月経前症候群)を最小限にとどまらせることが出来るのです。

まず、暴飲暴食を防ぐために食事を5回から6回に分けてみる必要があります。PMSの症状の1つに急な空腹感というものがあります。

そのため、ジャンクフードを満腹になるまで食べすぎて、その後気持ち悪くなったりするケースが多いです。食事は規則正しく食べるのが一番ですが、PMSの時には暴食を防ぐために食事を小分けにするのがよいでしょう。

syokuzisyolu

食べ物でも緩和することが出来る

またカリウムを摂取することでPMS症状を和らげることが出来るので、バナナやメロン、オレンジなど、利尿作用のあるカリウムを多く含むフルーツなどを積極的に食べるようにしましょう。

そして水をたくさん飲むことも重要です。水を飲むことで精神的にも安定することが出来るので、さらに水分を補給することでPMS症状を緩和することも出来ます。

またどうしても我慢できないという人が多いチョコレートは、低カロリーのチョコレートがオススメで、ダイエットにも良いと言われているカカオ70%以上のチョコレートなら食べてもよいと言われています。

その他、玄米を食べ、マグネシウムを取り、カルシウムの吸収を浴する必要もあります。食事は体を理想的な状態にするために必須の存在です。

食事抜きなどをしているとよりPMS症状の吐き気などを増長させますから、しっかり食べて、しっかり休むことがPMSの改善には必要です。