PMSの薬について知りましょう!

PMSの薬について知りましょう!

どうしても抑えられない!そんな場合は薬に頼る

読了までの目安時間:約 2分

jijkljdkshjsfhkd

最もポピュラーなPMS対策の薬と言えば、ピルがあります。月経が始まり、数日すれば症状がなくなるという人が殆どなのですが、少なくともPMS症状が出ている間はイライラや集中力に欠けることが多いです。

自分で感情コントロール出来ない場合は、家族やパートナーにも迷惑をかけてしまうし、一時的なことだと言ってもやはり後味が悪いです。そんな場合は維持を張らずに薬に頼ってもよいでしょう。

ピルは女性ホルモンを左右する薬なので、PMSの際のホルモンバランスの乱れを整えてくれる働きをしてくれます。

そのため、身体的な症状が非常に軽くなるのでPMSが楽になります。ピルを飲むのと飲まないのでは大分違う、という人もいるように、これ以上我慢できない!というのであれば薬に頼ってもよいでしょう。

ピルが最も一般的なPMSの薬で精神的な薬も補助薬として処方されます

 

その他、PMS症状が出ており、それがうつ的なものであるなら、抗うつ薬が処方される場合もあります。薬物治療の一種だと考えてよいでしょう。

脳内物質セロトニンというものを増やす薬を服用することで、精神的な安静をはかることが出来ます。よく用いられるのはSSRIという薬で、比較的効果は早く現れ、副作用が少ないのがメリットです。婦人科でも処方されることがありますが、多くは精神科で処方されます。

さらにメンタル的な治療としては抗不安薬を使うケースもあります。PMS症状で孤独感や喪失感を感じている場合、不安を緩和するためのものとして抗不安薬が処方されます。

PMS症状を精神的に緩和することが出来ますから、自然と周りにイライラすることがなくなりますので悩んでいる人にはオススメです。

 

薬を飲む

この記事に関連する記事一覧

 | ホーム |